國務院のニュース部門に認められた済南市の唯一のニュースサイトであり、済南市の総合的なウェブサイトであり、山東省の重點ニュースサイドである。

千仏山

2011-09-20 11:09:36

\

      千仏山(せんぶつざん)は、済南市の南に位置し、標高は258m、面積は166ヘクタールあり、済南三大名勝の一つ。山の中に古木と松柏などは青々としていて、東西にそれぞれ300段前後の登山道があり、中腹から北を望むと、済南市內全景と大明湖を見渡すことができる。天気のいい時、黃河も見られる。

  千仏山は本々“歴山”と呼ばれ、春秋時代には“靡笄山”、戦國時代には“靡山”、南北朝には“舜山、廟山、舜耕山”と呼ばれていた。隋の開皇年間(581年~600年)代に仏像が開削され、“千仏寺”が建てられてから次第に“千仏山”と呼ばれるようになった。

  唐貞観年間(627~649年)代に修築され、“千仏寺”は“興國禪寺”となった。中華人民共和國が成立した後、1959年に公園となった。

“興國禪寺”と儒教、道教、仏教が一つに統合された“歴山院”は千仏山の腹にあり、興國禪寺の裏には最古とされる隋代の石仏が60余りあり、千仏山の南側には隋代の仏像が130余りある。境內には大雄寶殿、観音堂、彌勒殿、対華亭があり、山頂には、舜帝詞、魯班詞、文昌閣などがある。また、千仏山の下には極楽洞、黔婁洞、竜泉洞があり、その中でも極楽洞の16ある仏像の高さは最高で3メートルに達する。

   改革開放以來、千仏山は急速に発展してきて、1995年千仏山は山東省政府により、“全省七大風景區”の一つとなった。萬仏洞、桃花園、瀛労園、客運索道、奇能滑道、十八羅漢、臥仏、ゴルフコースなどが次々に建てられ、今まで、千仏山はもう山や林や名勝舊跡と一體化とし、完全なサービスが備え、一定の規模のある観光地となっている。

「ネット編集」ガエン

「舜網日本語版2011-09-22」

作者:紫憶
免責事項:當ネットに書いてあるように“出所:XXX(非舜網)”の作品は、他のメディアから転用されており、転用の目的はもっと多い情報を伝えることで、當ネットがその観點を賛成することを代表しないし、また、その真実性を持つことに対して責任しません。他のメディアからの原稿を転用することは、公衆に無料サービスを提供するの意味があります。原稿の著作権部門、また個人が當ネットで発表したくない場合、當ネットに連絡をお願いし、當ネットが情況により直ちにそれを取り除きます。

省都済南

教育

済南は山東省の文化、教育の中心とする。省都のため、多くの高等教育機関が済南に集まっている.

経済の発展

済南は中國近代歴史での第一の商埠を創設し、開港して、近代の中國內陸都市の中で商売と対外開放をする先駆けとなった。

歴史文化

済南市は中華文明の発祥地の1つで、約3千年の歴史を持ち、國に公布された最初の歴史文化名城である

旅行案內

「天下第一泉」といわれるホウ突泉、湖畔に伝統的建築物が殘る大明湖、摩崖仏が多く彫られたことからその名がついた千仏山は済南の“三大名勝”と呼ばれる。

七十二名泉

済南は“泉城”と呼ばれる。2005年9月に実施した?済南市名泉保護條例?の中に合計645処の名泉がある。

済南について

済南市(さいなんし)は中華人民共和國山東省に位置する副省級市。山東省の西部に位置し、省都として省內の政治、経済、科學技術、文化、教育、旅行、の中心としての地位を占める。

国产极品女在线播放