國務院のニュース部門に認められた済南市の唯一のニュースサイトであり、済南市の総合的なウェブサイトであり、山東省の重點ニュースサイドである。

大明湖

2011-09-20 10:19:48

 

   

  \

   

大明湖は済南市中心、古城の北部に位置し、古來より「四面に蓮の花三面に柳、一城の山色半城の湖」という漢詩で大明湖の風景を形容する。蓮の花は済南市の花で、柳は済南市の木である。大明湖は隋唐代には“蓮子湖"、"歴水陂"で命名し、宋代には"西湖"の名を付けた。金代になって、"大明湖"と呼ばれるようになった。

 大明湖は珍珠泉、濯纓泉、王府池などの泉から湧き出る湧水が集まってできた天然の湖で、湖面積57.7ヘクタールで、約古城の四分の一をしめている。湖水の深さは平均2メートル、最も深いところは4メートルである。“蛇を見つけない、カエルが鳴かない;長雨があっても漲らない、長い間雨が降らない時でも涸れない”と言うのは大明湖の二つの特有のところを表した。泉水は南岸から流れ込み、いっぱいになったら北岸の北水門へ流れ出し、湖の底は水が通らない火成巖からなっていることにより大明湖は長雨があっても漲らない、長い間雨が降らない時でも涸れないと言えるし、いつも比較的に固定の水位を保っている。

湖中には蓮が栽培され、蓮の名所でもあり、園內には一閣(北極閣波)、二園(遐園、秋柳園)、四祠(稼軒祠、鉄公祠、南豊祠、匯泉祠)、十亭(玉涵亭、鴛鴦亭、小滄浪亭、八角亭、九曲亭、望湖亭、浩然亭、湖心亭、歴下亭、月下亭)などの約30所の名所舊跡ガある。北の畔にある北極閣は800年の歴史があり、中には水を司る神様、四方神の減武帝が祭られている。大明湖観光のとき、観光船が利用でき、歴下亭のある島まで行かれる。歴下亭は李白と杜甫が遊んで、詩を作ったことがあるから、大明湖の名所になった。

「ネット編集」ガエン

 「舜網日本語版2011-09-22」

作者:紫憶
免責事項:當ネットに書いてあるように“出所:XXX(非舜網)”の作品は、他のメディアから転用されており、転用の目的はもっと多い情報を伝えることで、當ネットがその観點を賛成することを代表しないし、また、その真実性を持つことに対して責任しません。他のメディアからの原稿を転用することは、公衆に無料サービスを提供するの意味があります。原稿の著作権部門、また個人が當ネットで発表したくない場合、當ネットに連絡をお願いし、當ネットが情況により直ちにそれを取り除きます。

省都済南

教育

済南は山東省の文化、教育の中心とする。省都のため、多くの高等教育機関が済南に集まっている.

経済の発展

済南は中國近代歴史での第一の商埠を創設し、開港して、近代の中國內陸都市の中で商売と対外開放をする先駆けとなった。

歴史文化

済南市は中華文明の発祥地の1つで、約3千年の歴史を持ち、國に公布された最初の歴史文化名城である

旅行案內

「天下第一泉」といわれるホウ突泉、湖畔に伝統的建築物が殘る大明湖、摩崖仏が多く彫られたことからその名がついた千仏山は済南の“三大名勝”と呼ばれる。

七十二名泉

済南は“泉城”と呼ばれる。2005年9月に実施した?済南市名泉保護條例?の中に合計645処の名泉がある。

済南について

済南市(さいなんし)は中華人民共和國山東省に位置する副省級市。山東省の西部に位置し、省都として省內の政治、経済、科學技術、文化、教育、旅行、の中心としての地位を占める。

国产极品女在线播放